中古ドメインと新規ドメインの力の差を現した画像

webサイトの運用は中古ドメインを使って開始することで、新規にドメインを取得するより有利に開始出来ます。しかし中古ドメインであれば何でも良いというわけではありません。どのような中古ドメインを選定すればよいのか、コツなどを紹介しますよ。

中古ドメイン契約でサテライトサイトの制作

中古ドメインを利用したサテライトサイトの存在は上手に運営すれば、非常に大きな利益を上げることができます。サテライトサイトとは中心となるサイトの運営を補助する形で存在するサイトのことです。中心となるサイトへの興味をひく形で情報を発信し、目的のサイトへのアクセスを増やすことが目的です。複数の中古ドメインと契約をして、サテライトサイトを作成します。中心となるサイトでは載せきれない細かい情報などを発信して、最終的には中心のサイトへ誘導します。そうすることで、中心のサイトへのアクセス数を増やし、サイトの信頼度を高めることができます。また、中心のサイトの被リンクの増加による信頼度アップという効果もあります。
しかし注意しなければならない点もあります。サテライトサイトのアクセス数がどれだけ伸びても中心となるサイトへの誘導がうまくいかなければ利益にはつながらないということです。また、被リンクの増加という点に注目してサテライトサイトをたくさん作ると、確かに被リンクは増加して、評価が高くなりますが、サテライトサイトの方の中身があまりにもないと、不正なサイトと判断され、削除されてしまう可能性があります。サテライトサイトの運営は十分に注意する必要があります。
中古ドメインを利用するということは、過去のデータを引き継ぐことができるのでサイトの運営が有利になります。信頼度が高いドメインを入手できれば早期に検索の上位に表示されるようになります。アフィリエイトや商業目的のサイトはいかに多くの人に見てもらうかという点が重要になってくるので、特に注目されているポイントになります。中古ドメインを利用するメリットは数多いですが、削除されやすいなどのデメリットも存在しているので、運営には注意が必要です。