中古ドメインと新規ドメインの力の差を現した画像

webサイトの運用は中古ドメインを使って開始することで、新規にドメインを取得するより有利に開始出来ます。しかし中古ドメインであれば何でも良いというわけではありません。どのような中古ドメインを選定すればよいのか、コツなどを紹介しますよ。

2016年12月の記事一覧

niftyで購入できる中古ドメインと新規の違い

中古ドメインとは、過去に取得され利用されていた、もしくはまだ利用されているドメインのことです。新規で取得するドメインと違い、これまでに築き上げた資産をそのまま活用することができるという大きなメリットがあります。
中古ドメインを取得することで引き継ぎ可能な資産は、既に検索サイトによってインデックスされているページや、サイトの持っているページランク、外部からの被リンクなど多岐にわたります。インデックスされているページ数が多いほどSEOには良いとされ、一からサイトを構築するために必要とされる膨大な時間を節約することに繋がります。ページランクも同様で、検索サイトからの評価を得るためには長い時間を費やす必要がありますが、中古ドメインを取得することで解決します。被リンクの数もSEOに直結するため、中古ドメイン利用のにより自ずと検索結果の上位に表示されやすくなります。
一方、中古ドメインを取得することのデメリットとしては、ドメインが検索サイトからペナルティを受けていたり、ブラックリストに入っている可能性がゼロでは無いことです。これらは各種ツールを使用して事前に調べることができるため、注意さえしていれば回避することができます。
中古ドメインの購入は、ドメイン販売会社やオークションで行います。ドメイン販売会社には@niftyなどがあり、既に期限が切れているものを購入することができます。期限切れのドメインは元の所有者の手から完全に離れているため、設定のタイミング等について考慮すること無く、すぐに使用することができます。
まだ期限が切れていない中古ドメインは、オークションでの購入が一般的です。オークションで出品されている物は感覚的にわかりやすい名前が多いため、若干値段が高めです。

続きを読む