中古ドメインと新規ドメインの力の差を現した画像

webサイトの運用は中古ドメインを使って開始することで、新規にドメインを取得するより有利に開始出来ます。しかし中古ドメインであれば何でも良いというわけではありません。どのような中古ドメインを選定すればよいのか、コツなどを紹介しますよ。

2017年02月の記事一覧

キャンペーンで中古ドメインの財産を手に入れよう

中古ドメインにはドメインエイジやリンクのデータなど、サイトを運営するうえで様々なメリットがあります。こうした中古ドメインが持つ財産を目当てにして、取引が活発化しています。中にはキャンペーンを開催して中古ドメインを販売しているサイトもあります。

ドメインは本来サイトの住所のようなものです。広大なインターネット空間で、ドメインがサイトの所在を定義します。二つとして同じドメインはなく、重複することはできません。ドメインには期限が存在し、定期的に更新をしなければサイトが閉じられてしまいます。中古ドメインは過去に利用されていたドメインで、期限切れドメインとも言います。この更新をされずに放置されているドメインを回収して販売している業者がいるのです。

中古ドメインの持つ財産はサイト運営においてとても有利になるものです。たとえばドメインエイジはそのドメインが使用されていた期間を現します。中古のものはそのドメイン英字を引き継ぐので、検索ソフトからは長い間運営されているサイトと判断され、信頼度が高まります。信頼度が高くなると検索時に上位に表示されるようになり、多くの人の目に触れるようになります。アフィリエイトや商業目的のサイトを運営している人にはとても重要な要素となるので、中古ドメインを求める人は数多くいます。

一方で、デメリットも存在します。前に使われていた時にペナルティを受けている場合があるということです。ペナルティを受けていると検索時に表示されません。ペナルティはドメインの期限が切れても引き継がれてしまうため、そうしたものをつかまされてしまうこともあります。ほとんどの販売サイトではペナルティがかかっているドメインはのぞかれていますが、中にはそうしたチェックをしないで販売しているサイトもあるので、注意をしましょう。

続きを読む