中古ドメインと新規ドメインの力の差を現した画像

webサイトの運用は中古ドメインを使って開始することで、新規にドメインを取得するより有利に開始出来ます。しかし中古ドメインであれば何でも良いというわけではありません。どのような中古ドメインを選定すればよいのか、コツなどを紹介しますよ。

2017年04月の記事一覧

中古ドメインにいるナマズと数字の関係

中古ドメインを利用する目的の一つにバックリンクがあります。バックリンクは被リンクとも言われ、サイトの評価を上げてくれるポイントとなっています。バックリンクは時間をかけて生まれるものであり、ツールで無理やり作ると検索サイトからペナルティを与えられてしまう恐れがあるので中古ドメインのようにたくさんのバックリンクがある場合は大変価値があると言われています。しかし、バックリンクについては2つのポイントで注意が必要です。1つめはパスです。SNSなどで多数の被リンクがある場合でもパスが通っていなければ意味がありません。いわゆるナマズの問題であり、パスが通っていないコンテンツは動かないのです。中古ドメインを選ぶ前に被リンクの数と質を調査する必要があります。被リンクについては数字だけ見る方も多いのですが重要なことは使えるリンクがいくつあるのかということです。使えないリンクが沢山あっても検索サイトの評価は上がりませんし、PVも増えません。必要なリンクとは作り上げるコンテンツと同じカテゴリであること、また、可能であれば発言力が高い人からのリンクであることです。カテゴリについてはとても重要なポイントであり、リンクをクリックしてくれる人がどれだけいるかという指標になります。検索サイト側でも評価しやすいと考えられています。SNSは拡散力が高いのですが、さらに特定のクラスタに届けやすいということもあります。拡散される対象はクラスタなので一般的には数が多いリンクは価値が出やすいのですが、ツールを使った場合などまったく関係のないクラスタへリンクが貼られている場合も多数あり、しっかりと質と量をチェックして評価したいものです。

続きを読む